Re:コンサート再び


[ インデックス ] [ ホームページ ]

In Reply to: コンサート再び
投稿者:Concolor - 投稿日時:2003年10月25日 13時26分40秒

マハロさん、今日は。

> 一夜覚めても興奮気味のマハロです。

お気持ち分かるようです。ライヴならではの体験ですね。

> 実は帰宅してカミさんに話したところ、クラシックには普段興味が
> ないのですが行きたいといいだしたので、本日午前中方々に
> 電話して来週土曜日のRシュトラウス「死と変容」チャイコの「悲愴」
> その他のペアチケットをとりました(清水の舞台から2回飛び降りた感じ)。いずれもカラヤンの十八番の曲ですね。聞き比べも楽しみです。

素敵なことですね。
チケット代は確かに清水ものでしょうが、演奏会体験はそれにもまして得がたいものと思います。(そうは言うもののやはり高いですね。)

> カラヤン亡き後のベルリンpoは正直余り食指が動きません。ウィーン
> poは実演未聴ですが毎年来日するということで様子見です。しかし
> シカゴsoは8年ぶりの来日で次回はいつ来るかわかりませんので
> 思い切りました。

私もカラヤンがいてこそのベルリン・フィルと思っています。
2000年に来日した時(アバド指揮)にはプログラムがブルックナーの交響曲第5番ということもあって名古屋に行きました。
宿が偶然にもベルリン・フィルのメンバーが宿泊するホテルと同じで、エレベーターを出たとたんオーボエのシェレンベルガー氏にお会いし、舞い上がってしまいました。(79年来日時には正式メンバーではなかったようですが普門館に来ていたと言っていました。)

ウィーン・フィルの来日公演は何度か聴きに行きましたが、数年前のハイティンク指揮のブルックナー7番が印象深いものでした。

> 次回のコンサートまで本当に楽しみになってきました。

充分にご堪能ください。よろしければまたご感想をお書きください。
では。



この投稿へのコメント