《カラヤン公演プログラム冊子1》:来日公演プログラム冊子 (最終改訂:2011.7.21.)
トップページに

Programme 1 : Live in Japan

*1954:カラヤンの初来日、NHK交響楽団への客演指揮
1954年4月7日、8日:東京公演
1954年4月14日、15日、16日:東京公演
1954年4月21日:東京公演
1954年4月26日、27日、28日:京都・大阪公演
1954年4月30日、5月1日:名古屋公演
1954年5月7日、8日、9日:東京公演
*1957:カラヤン/ベルリン・フィル初来日
1957年11月22日:カラヤン/ベルリン・フィル慈善演奏会
*1959:カラヤン/ウィーン・フィルの初来日
*1966:カラヤン/ベルリン・フィル2度目の来日
1966年 大阪公演のパンフレット
*1970:カラヤン/ベルリン・フィル3度目の来日
*1973:カラヤン/ベルリン・フィル4度目の来日
*1977:カラヤン/ベルリン・フィル5度目の来日 (update)
1977年 ブラームス・チクルス(「第20回記念 大阪国際フェスティバル」)のパンフレット
1977年 ベートーヴェン・チクルスのパンフレット1
1977年 ベートーヴェン・チクルスのパンフレット2
*1979:カラヤン/ベルリン・フィル6度目の来日
*1981:カラヤン/ベルリン・フィル7度目の来日
*1984:カラヤン/ベルリン・フィル8度目の来日
*1986:カラヤンは病気のため来日できず代わりに小澤氏がベルリン・フィルと来日
*1988:カラヤン/ベルリン・フィル9度目の来日


1954:NHK交響楽団への客演指揮

1954年4月7日、8日:東京公演

1954年4月7、8日のNHK交響楽団臨時公演のプログラム冊子(表紙)

KARAJAN

NHK
Symphony Orchestra

この画像は東京のS氏のご好意で提供いただきました。(2006.8.17.)

1954年4月7、8日のNHK交響楽団臨時公演のプログラム

PROGRAMME
I Symphony No.1 in C minor Op.68・・・Johannes Brahms
-Intermission-
II Piano Concerto No.4 in G major Op.58・・・Ludvig van Beethoven
III "Till Eulenspiegel's merry pranks" Op.28・・・Richard Strauss

この画像は東京のS氏のご好意で提供いただきました。(2006.8.17.)

1954年4月7、8日のNHK交響楽団臨時公演のプログラム

NHK交響楽団臨時演奏会

指揮・・・ヘルベルト・フォン・カラヤン
独奏・・・園田 高弘
(7日、8日ともソリストは園田高弘です。)

主催
日本放送教会
NHK交響楽団

昭和29年4月7日(水)午後6時30分
昭和29年4月8日(木)午後6時30分

日比谷公会堂

この画像は東京のS氏のご好意で提供いただきました。(2006.8.17.)

1954年4月7日NHK交響楽団臨時公演のチケット半券です

この画像は東京のS氏のご好意で提供いただきました。(2006.8.19.)


1954年4月7、8日のNHK交響楽団臨時公演と1954年4月14、15日のNHK交響楽団第356回定期公演および4月16日臨時公演のアナウンス

1954年4月14、15日のNHK交響楽団第356回定期公演および4月16日臨時公演のアナウンスでは
1.交響曲第五番”運命”・・・ベートーヴェン
2.ヴァイオリン協奏曲第五番・モーツァルト
展覧会の絵・・・・・・・・・・ムソルグスキー
の3曲です。
「エグモント」序曲は入っていません。

前売開始日〜2月5日、\900、\700、\500

この画像は東京のS氏のご好意で提供いただきました。(2006.8.17.)


1954年NHK交響楽団第38季後期定期演奏会予告
フィルハーモニー4月号 第26巻第4号に掲載

1954年4月7、8日のNHK交響楽団臨時公演の曲順は、
1.「ティルオイレンシュピーゲル」・・R.シュトラウス
2.ピアノ協奏曲第四番・・・・・・・・ベートーヴェン
3.交響曲第一番・・・・・・・・・・・ブラームス
というようにプログラム冊子とは異なっています。
(実際にはプログラム冊子のとおりの順序、ブラームス、ベートーヴェン、R.シュトラウスです。)

1954年4月14、15日のNHK交響楽団第356回定期公演および4月16日臨時公演には、
「エグモント」序曲が含まれていません。

1954年4月21日(水)の臨時公演のプログラムは、
1.交響曲第六番「悲愴」・・・チャイコフスキー
「他未定」となっています。

この画像は東京のS氏のご好意で提供いただきました。(2006.8.17.)




1954年4月14日、15日、16日:東京公演

1954年4月14、15日のNHK交響楽団第356回定期公演および4月16日臨時公演のプログラム冊子(表紙)
30.3cmx21.2cmのサイズで12ページからなる冊子の表紙

プログラム冊子2ページ

プログラム冊子3ページ

プログラム冊子4ージ

Programme

プログラム冊子5ページ

公演曲目は
ベートーヴェン:”エグモント”序曲
ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調作品67「運命」
休憩
モーツアルト:ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調ケッヘル219
ムソルグスキー(ラヴェル編):組曲「展覧会の絵」

指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン
独奏:パウル・クリング
管弦楽:NHK交響楽団

日比谷公会堂、6時30分開演

プログラム冊子9ページに掲載されているN響4月・5月公演の案内

4月21日:ケルビーニの歌劇「アナクレチオン」序曲、ヘンデルの組曲「水上の音楽」、プロコフィエフの古典交響曲、チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」
5月7、8、9日:松平の「ピアノと管弦楽の為の主題と変奏」、ベートーヴェンの交響曲第9番二短調作品125「合唱」
指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン
管弦楽:NHK交響楽団

日比谷公会堂、6時30分開演




1954年4月21日:東京公演

1954年4月21日臨時公演のプログラム冊子(表紙)

Herbert von Karajan
NHK Symphony Orchestra
1954


(1954年4月21日臨時公演のプログラム画像はマハロさんにご提供いただきました。2007.11.17.)

プログラム冊子

カラヤンのポートレート

プログラム冊子

Special Concert
of
The NHK Symphony Orchestra

Conductor --- Herbert von Karajan

6.30 p.m. 21th (Wed.) April 1954
Hibiya Public Hall


NHK交響楽団臨時公演

指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン

昭和29年4月21日(水)午後6時30分
日比谷公会堂

プログラム冊子に掲載されている曲目

I ケルビーニ:歌劇「アナクレチオン」序曲
II ヘンデル(ハーディー編曲):組曲「水上の音楽」
III プロコフィエフ:古典交響曲

休憩

IV チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調作品74「悲愴」

1954年4月21日の「悲愴」のライヴ録音
カラヤン / N響 ライヴ 1954

CD:DG,POCG-10175


(1954年4月21日臨時公演ライヴ録音のディスク画像はマハロさんにご提供いただきました。2007.11.17.)




1954年4月26日、27日、28日:京都・大阪公演

プログラム冊子の表紙

Conducted by
HERBERT VON KARAJAN

NHK
SYMPHONY
ORCHESTRA

この画像は東京のS氏のご好意で提供いただきました。(2006.8.19.)

プログラム冊子に掲載されているカラヤンのポートレート


この画像は東京のS氏のご好意で提供いただきました。(2006.8.19.)




この画像は東京のS氏のご好意で提供いただきました。(2006.8.19.)

プログラム冊子に掲載されている独奏者/独唱者


この画像は東京のS氏のご好意で提供いただきました。(2006.8.19.)

プログラム曲目(英語)

4月26日:京都公演
4月27日、28日:大阪公演


この画像は東京のS氏のご好意で提供いただきました。(2006.8.19.)

プログラム曲目(日本語)

4月26日:京都公演
4月27日、28日:大阪公演


この画像は東京のS氏のご好意で提供いただきました。(2006.8.19.)




1954年4月30日、5月1日:名古屋公演

プログラム冊子の表紙


この画像は東京のS氏のご好意で提供いただきました。(2006.8.19.)

NHK交響楽団 名古屋特別 演奏会


この画像は東京のS氏のご好意で提供いただきました。(2006.8.19.)

プログラム冊子に掲載されているカラヤンのポートレート


この画像は東京のS氏のご好意で提供いただきました。(2006.8.19.)

NHK交響楽団 名古屋特別 演奏会のプログラム曲目(英語)


この画像は東京のS氏のご好意で提供いただきました。(2006.8.19.)

NHK交響楽団 名古屋特別 演奏会のプログラム曲目(日本語)


この画像は東京のS氏のご好意で提供いただきました。(2006.8.19.)

NHK交響楽団 名古屋特別 演奏会に共演するソリスト達


この画像は東京のS氏のご好意で提供いただきました。(2006.8.19.)

1954年4月30日NHK交響楽団名古屋公演のチケット半券です

この画像は東京のS氏のご好意で提供いただきました。(2006.8.19.)

1954年5月1日NHK交響楽団名古屋公演のチケット半券です

画像資料をサウンド・ロッヂ伊吹様にご提供いただきました。(2010.1.16.)



名古屋公演プログラム冊子
日本放送協会会長の古垣鉄郎氏とクルト・ウェス氏


この画像はマハロさんのご好意で提供いただきました。(2006.12.24.)

名古屋公演プログラム冊子
「カラヤンの横顔」と題する文章


この画像はマハロさんのご好意で提供いただきました。(2006.12.24.)

名古屋公演プログラム冊子に掲載されている日比谷公会堂におけるカラヤン指揮NHK交響楽団演奏会の模様


この画像はマハロさんのご好意で提供いただきました。(2006.12.24.)




1954年5月7日、8日、9日:東京公演

1954年5月7、8日のNHK交響楽団第357回定期公演および5月9日臨時公演のプログラム冊子

この画像はS氏のご好意で提供いただきました。(2006.2.25.)

プログラム冊子に掲載されているカラヤンの挨拶
指揮するカラヤンのポートレートとサイン
左上に縦書きで「ヘルベルト カラヤン」のサイン

この画像はS氏のご好意で提供いただきました。(2006.2.25.)

プログラム冊子に掲載されている演奏会日時、出演者のアナウンス
日本語と英語の表示、独唱陣にポートレート

7日(金) 第357回定期公演
8日(土)
9日(日) 臨時公演

指揮 ヘルベルト・フォン・カラヤン
独奏 内藤 芳枝(ピアノ)
独唱 三宅春恵(二期会) 川崎静子(二期会)
   柴田睦陸(二期会) 伊藤亘行(二期会)
合唱 東京藝術大学音楽学部
   国立音楽大学
   東京放送合唱団
合唱指揮 芸大:須賀靖和
     国立:岡本敏明
主催
日本放送協会
NHK交響楽団
日比谷公会堂 午後6時30分

この画像はS氏のご好意で提供いただきました。(2006.2.25.)

PROGRAMME
I Tema and variations for piano and orchestra
・・・・・・・・・・・・Yoritsune Matsdaira
II Symohony No.9 in D minor Op.125
With final chorus on Schiller's Ode "An die Freude"
by Ludwig van Beethoven

この画像はS氏のご好意で提供いただきました。(2006.2.25.)

プログラム
I ピアノと管弦楽のための主題と変奏
・・・・・・・・・・・・・松平鯊
II 交響曲第9番二短調作品125
シラーの頌詩”歓喜に寄す”による終楽章合唱付
・・・・・・・・・・・・・ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン

この画像はS氏のご好意で提供いただきました。(2006.2.25.)



プログラム冊子に掲載されている曲目解説です。

文字はこの画像では判読できませんが、作曲者松平鯊Щ瓩亮命燭函∋瓩離團▲里抜標抗擇里燭瓩亮臑蠅畔兪佞妊愁螢好箸鯡海瓩親眛KЩ泙気鵑亮命燭掲載されています。

この画像は東京のS氏のご好意で提供いただきました。(2006.8.19.)

プログラム冊子に掲載されている曲目解説です。

「第九交響曲について」と題する解説なのですが、この画像では文章の判読はできません。

この画像は東京のS氏のご好意で提供いただきました。(2006.8.19.)

1954年5月9日NHK交響楽団臨時公演のチケット半券です

この画像は東京のS氏のご好意で提供いただきました。(2006.8.19.)



プログラム冊子に掲載されているカラヤンのポートレート

この画像はマハロさんのご好意で提供いただきました。(2006.12.24.)

プログラム冊子に掲載されているNHK交響楽団のメンバー表

この画像はマハロさんのご好意で提供いただきました。(2006.12.24.)

プログラム冊子に掲載されているLPの広告

この画像はマハロさんのご好意で提供いただきました。(2006.12.24.)

1957:カラヤン/ベルリン・フィル初来日公演(1957年11月3日〜11月22日、全16公演)

1957年11月3日、来日演奏会初日の公演のとき、会場で配布されたパンフレットの表紙
この画像は"The Archives of Herbert von Karajan"のK氏にご提供いただきました。

この初日(11月3日)の演奏会は来日直後に、一般公演に先立ち、公開生放送用の特別演奏会として行われました。
(この情報はT氏にお教え頂きました。ありがとうございました。2005.9.19.)

1957年11月3日、来日演奏会初日の公演のとき、会場で配布されたパンフレットの見開きの左ページ

この画像は"The Archives of Herbert von Karajan"のK氏にご提供いただきました。

1957年11月3日、来日演奏会初日の公演のとき、会場で配布されたパンフレットの見開きの右ページ

公演曲目は、
ワーグナーの楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲(第1幕への)
R.シュトラウスの交響詩「ドン・ファン」
ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」

この画像は"The Archives of Herbert von Karajan"のK氏にご提供いただきました。

1957年11月3日、来日演奏会初日の公演のとき、会場で配布されたパンフレットの裏表紙

この画像は"The Archives of Herbert von Karajan"のK氏にご提供いただきました。

1957年11月3日公演の未使用チケット

この画像は"The Archives of Herbert von Karajan"のK氏にご提供いただきました。




これは1957年来日公演プログラム冊子の表紙です。
17X18.5cmの大きさで49ページからなる冊子です。
(2003.6.19.入手)

1957年来日演奏会のプログラム冊子の1ページ
11月4日から11月22日までの15回の演奏日程が掲載されている
(11月21日木曜日に仙台の市公会堂で予定されていた演奏会Hプロは副指揮者として参加していたシュヒターが指揮をしました)
(11月22日の慈善演奏会の詳細な曲目の記載はない。)

*11月3日の演奏会については記載されていない

演奏会プログラム冊子に11月3日の演奏会についての掲載がないのは、T氏にお教え頂いた「この初日(11月3日)の演奏会は来日直後に、一般公演に先立ち、公開生放送用の特別演奏会として行われました。」ということと思われます。

プログラム冊子11ページに掲載されている演奏曲目(プログラムA)です。

モーツアルト:交響曲第35番「ハフナー」
ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」前奏曲と愛の死
ブラームス:交響曲第2番

プログラム冊子12ページに掲載されている演奏曲目(プログラムB)です。

ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲
モーツアルト:交響曲第38番「プラーハ」
ブラームス:交響曲第1番

1957年11月10日の演奏会のチケット(2つ折仕様)の表
プログラムBの曲目で電気ホール(福岡)で行われた演奏会

東京のS氏にご提供いただきました。 (2006.9.23.)

1957年11月10日の演奏会のチケット(2つ折仕様)の裏
電気ホールの座席表が掲載されています

東京のS氏にご提供いただきました。 (2006.9.23.)


1957年11月10日の演奏会のチケット(2つ折仕様)の内側

東京のS氏にご提供いただきました。 (2006.9.23.)


プログラム冊子13ページに掲載されている演奏曲目(プログラムC)です。

シューベルト:交響曲第8番「未完成」
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」

1957年11月6日の演奏会のチケット
プログラムCの曲目で日比谷公会堂(東京)で行われた演奏会

東京のS氏にご提供いただきました。 (2006.9.23.)

プログラム冊子14ページに掲載されている演奏曲目(プログラムD)です。

ベートーヴェン:交響曲第7番
スメタナ:交響詩「モルダウ」
ワーグナー:歌劇「タンホイザー」序曲

プログラム冊子15ページに掲載されている演奏曲目(プログラムE)です。

ウェーバー:歌劇「オベロン」序曲
R.シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」
ブラームス:交響曲第2番

プログラム冊子16ページに掲載されている演奏曲目(プログラムF)です。

ウェーバー:歌劇「オベロン」序曲
ヒンデミート:交響曲「画家マチス」
ベートーヴェン:交響曲第5番

プログラム冊子17ページに掲載されている演奏曲目(プログラムG)です。

モーツアルト:交響曲第35番「ハフナー」
R.シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」
ブラームス:交響曲第2番

1957年11月13日の演奏会のチケット
プログラムGの曲目で公会堂(広島)で行われた演奏会

(2010.8.19.入手)

プログラム冊子18ページに掲載されている演奏曲目(プログラムH)です。

ドヴォルザーク:交響曲第5番「新世界より」
スメタナ:交響詩「モルダウ」
ストラヴィンスキー:組曲「火の鳥」

プログラム冊子19ページに掲載されている演奏曲目(プログラムI)です。

ストラヴィンスキー:組曲「火の鳥」
モーツアルト:交響曲第38番「プラハ」
ベートーヴェン:交響曲第7番

プログラム冊子20ページに掲載されている演奏曲目(プログラムJ)です。

ベートーヴェン:交響曲第7番
スメタナ:交響詩「モルダウ」
ストラヴィンスキー:組曲「火の鳥」

1957年11月19日の演奏会のチケット
プログラムJの曲目で日比谷公会堂(東京)で行われた演奏会

東京のS氏にご提供いただきました。 (2006.9.23.)

チケットホルダー(表)

東京のS氏にご提供いただきました。 (2006.9.23.)

チケットホルダー(裏)

東京のS氏にご提供いただきました。 (2006.9.23.)

プログラム冊子21ページに掲載されている演奏曲目(プログラムK)です。

ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲
ヒンデミート:交響曲「画家マチス」
ベートーヴェン:交響曲第5番





1957年11月22日:カラヤン/ベルリン・フィル慈善演奏会

1957年11月22日、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の慈善演奏会のプログラム冊子。

(2011.1.27.入手)



1957年11月22日、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(プログラム冊子では交響楽団と記述)の慈善演奏会の演奏曲目(コピー)

ウェーバーの歌劇「魔弾の射手」序曲
モーツアルト:交響曲第35番「ハフナー」
R.シュトラウス:交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」(NHK交響楽団協演)

この資料は「BPOの部屋」の管理人様にご提供いただきました。


1957年11月22日、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の慈善演奏会のプログラム冊子に掲載されている「新聞評」

この資料は「BPOの部屋」の管理人様にご提供いただきました。

上記「新聞評」の最下段の拡大

1957年11月5日付けの東京新聞(夕刊)の記事
11月4日の公演を聴いた山根銀二氏の記事ですが、11月4日の演奏会で日独国歌の演奏があったことが書かれている。

この資料は「BPOの部屋」の管理人様にご提供いただきました。




1957年11月22日に東京(東京体育館)で行われた慈善演奏会

この資料画像は東京のS氏にご提供いただきました。(2006.8.13.)


1957年11月22日慈善演奏会の模様

この資料画像は東京のS氏にご提供いただきました。(2006.8.13.)


カラヤン/BPO1957年来日公演スケジュール表

カラヤン/BPO1957年来日公演スケジュール表
Konzert-Programme fuer die Japan-Reise

「BPOの部屋」の管理人様にご提供いただきました。 (2002.10.21.)



カラヤン/BPO1957年来日公演のパンフレット

日独文化協定記念
110名のフルメンバー
ベルリン・フィルハーモニー交響楽団

東京のS氏にご提供いただきました。 (2006.9.23.)

カラヤン/BPO1957年来日公演のパンフレット

公演内容とチケット前売りの案内

公演曲目を見ると、
チャイコフスキーの交響曲第5番
ブラームスの交響曲第4番
が記載されていることが分かりますが、変更になっています。

このパンフレットには掲載されていない曲目には
ブラームスの交響曲第2番
R.シュトラウスの交響詩「ティルオイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」
モーツアルトの交響曲第38番「プラハ」
ストラヴィンスキーの「火の鳥」
ウェーバーの「オベロン」序曲
があります。
プログラム曲目の組み合わせもこのパンフレットの記載内容と実際に行われた演奏会では随分違っています。

東京のS氏にご提供いただきました。 (2006.9.23.)

カラヤン/BPO1957年来日公演のパンフレット


東京のS氏にご提供いただきました。 (2006.9.23.)


1959:カラヤン/ウィーン・フィルの初来日(1959年10月27日〜11月7日、全10公演)

これは1959年来日公演プログラム冊子の表紙です。
22.5X22.5cmの大きさで39ページからなる冊子です。
(2004.4.13.入手)


1959年来日演奏会のプログラム冊子の表紙見返し。

10月28日から11月7日までの公演日程が掲載されている

(10月27日(火)このプログラム冊子には掲載されていない)
10月28日(水)プログラム"A"東京日比谷公会堂
10月29日(木)プログラム"B"(ベーチーヴェンの夕べ)東京日比谷公会堂
10月31日(土)プログラム"C"大阪フェスティバルホール
11月1日(日)プログラム"D"大阪フェスティバルホール
11月2日(月)プログラム"E"大阪フェスティバルホール
11月3日(火)プログラム"E"(伊勢湾台風被害「NHKたすけあい」特別公演)名古屋市公会堂
11月5日(木)シュトラウスの夕べ 東京体育館(ボスコフスキー指揮)
(このプログラム冊子には11月5日の公演曲目詳細は記載されていない)
11月6日(金)プログラム"F"東京日比谷公会堂
11月7日(土)プログラム"C"(伊勢湾台風被害「NHKたすけあい」特別公演)東京日比谷公会堂

*10月27日にNHKホール(旧)で行われた来日演奏会(初日)については記載されていない。
これはT氏にお教え頂いた、「この初日(10月27日)の演奏会は来日直後に、一般公演に先立ち、公開生放送用の特別演奏会として行われました。」ということによるのかもしれません。


公演プログラム冊子の1ページです。


プログラム冊子12ページに掲載されている演奏曲目(プログラムA)です。

モーツァルト:セレナードト長調K.525「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
ブルックナー:交響曲第8番ハ短調

1959年10月28日の演奏会のチケット
プログラムAの曲目で日比谷公会堂(東京)で行われた演奏会

東京のS氏にご提供いただきました。 (2006.9.23.)


プログラム冊子13ページに掲載されている演奏曲目(プログラムB:ベートーヴェンの夕べ)です。

ベートーヴェン:「コリオラン」序曲
ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」
ベートーヴェン:交響曲第5番


プログラム冊子14ページに掲載されている演奏曲目(プログラムC)です。

ハイドン:交響曲第104番「ロンドン」
ベートーヴェン:序曲「レオノーレ」第3番
ブラームス:交響曲第2番

1959年10月31日の大阪フェスティバルホールの公演チケットの半券です。
プログラムC


プログラム冊子15ページに掲載されている演奏曲目(プログラムD)です。

ベートーヴェン:交響曲第7番
R.シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」
ワーグナー:歌劇「タンホイザー」序曲


プログラム冊子16ページに掲載されている演奏曲目(プログラムE)です。

モーツァルト:交響曲第40番
シューベルト:交響曲第8番「未完成」
ヨハン・シュトラウス:喜歌劇「こうもり」序曲
ヨハン・シュトラウス:皇帝円舞曲
ヨハン・シュトラウス:アンネン・ポルカ
ヨーゼフ・シュトラウス:円舞曲「うわごと」
ヨハン・シュトラウス:ポルカ「狩」
ヨハン・シュトラウス:ラデツキー行進曲


プログラム冊子17ページに掲載されている演奏曲目(プログラムF)です。

テオドール・ベルガー:オイゲン王子物語
シューベルト:交響曲第8番「未完成」
ブラームス:交響曲第4番



1959年来日公演プログラム冊子に掲載された写真の左側部分


1959年来日公演プログラム冊子に掲載された写真の右側部分

カラヤン/VPO来日公演パンフレット
指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン
ウィーン・フィルハーモニー交響楽団
総員117名

東京のS氏にご提供いただきました。 (2006.9.23.)

カラヤン/VPO来日公演パンフレット
公演日程、チケット前売りのアナウンス

東京のS氏にご提供いただきました。 (2006.9.23.)

カラヤン/VPO来日公演パンフレット


東京のS氏にご提供いただきました。 (2006.9.23.)

カラヤン/VPO演奏会のチケットホルダー(表)


東京のS氏にご提供いただきました。 (2006.9.23.)

カラヤン/VPO演奏会のチケットホルダー(裏)


東京のS氏にご提供いただきました。 (2006.9.23.)

1966:カラヤン/ベルリン・フィル2度目の来日 公演(1966年4月12日〜5月3日、全18公演)

1966年、カラヤン/ベルリン・フィルの2度目の来日公演時の演奏会のプログラム冊子
(2003.7.25.入手)
22x22cmのサイズで48ページからなる冊子

プログラム冊子1ページ

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

Conducted by HERBERT VON KARAJAN
BERLINER PHILHARMONISCHES ORCHESTE
1966


NHK
主催・日本放送協会 NHKサービスセンター 後援・ドイツ大使館

プログラム冊子2ページ

公演日程が掲載されている。

4月12日 東京文化会館(午後6時30分開演)−Aプログラム
4月13日 東京文化会館(午後6時30分開演)−Bプログラム
4月14日 東京文化会館(午後6時30分開演)−Cプログラム
4月15日 東京文化会館(午後6時30分開演)−Dプログラム
4月16日 東京文化会館(午後6時30分開演)−Eプログラム
4月17日 宮城県民会館(午後6時30分開演)−Fプログラム
4月19日 札幌市民会館(午後6時30分開演)−Gプログラム
4月20日 愛知文化講堂(午後6時30分開演)−Hプログラム
4月21日 金沢市観光会館(午後6時30分開演)−Iプログラム
4月22日 大阪フェスティバルホール(午後7時開演)−Jプログラム
4月24日 岡山市民会館(午後6時30分開演)−Fプログラム
4月25日 高松市民会館(午後6時30分開演)−Kプログラム
4月26日 松山市民会館(午後6時30分開演)−Lプログラム
4月28日 福岡市民会館(午後6時30分開演)−Kプログラム
4月29日 広島市公会堂(午後7時開演)−Mプログラム
4月30日 大阪フェスティバルホール(午後7時開演)−Nプログラム
5月2日 東京文化会館(午後6時30分開演)−Oプログラム
5月3日 東京文化会館(午後6時30分開演)−Nプログラム

1966年4月12日(東京)のプログラムA
ベートーヴェン:序曲「コリオラン」、交響曲第5番、第6番「田園」

1966年4月13日(東京)のプログラムB
ベートーヴェン:交響曲第4番、第7番

1966年4月14日(東京)のプログラムC
ベートーヴェン:交響曲第1番、第3番「英雄」

1966年4月15日(東京)のプログラムD
ベートーヴェン:交響曲第2番、第8番、序曲「レオノーレ」第3番

1966年4月16日(東京)のプログラムE
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付き」

1966年4月17日(仙台)、24日(岡山)のプログラムF
ドヴォルザーク:交響曲第8番、ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲、交響詩「海」

1966年4月19日(札幌)のプログラムG
シューベルト:交響曲第8番「未完成」、ブラームス:交響曲第2番

1966年4月20日(名古屋)のプログラムH
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界から」、ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲、交響詩「海」

1966年4月21日(金沢)のプログラムI
シューベルト:交響曲第8番「未完成」、ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」

1966年4月22日(大阪)のプログラムJ
ウェーベルン:弦楽のための五つの小品、R.シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」、ブラームス:交響曲第1番

1966年4月25日(高松)、28日(福岡)のプログラムK
シューベルト:交響曲第8番「未完成」、ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界から」

1966年4月26日(松山)のプログラムL
バッハ:ブランデンブルク協奏曲第6番、ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲、ベートーヴェン:交響曲第7番

1966年4月29日(広島)のプログラムM
バッハ:ブランデンブルク協奏曲第6番、ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲、ベートーヴェン:交響曲第5番

1966年4月30日(大阪)、5月3日(東京)のプログラムN
モーツァルト:喜遊曲変ロ長調K287、R.シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」

1966年5月2日(東京)のプログラムO
ブルックナー:交響曲第8番

1966年5月2日公演の使用済みチケット
この日のプログラムはブルックナーの交響曲第8番

この画像は"The Archives of Herbert von Karajan"のK氏にご提供いただきました(2004.3.11.)。


大阪公演のパンフレット

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮
ベルリン・フィルハーモニー交響楽団

(2010.7.10.入手)



大阪公演・曲目





カラヤン // ベルリン・フィル = ディスコグラフィー
グラモフォンレコード



1970:カラヤン/ベルリン・フィル3度目の来日(1970年5月8日〜5月22日、全12公演) 公演

東京公演プログラム冊子(表紙)
25.6x24.3cmのサイズで36ページからなる冊子

白地の表紙に、

HERBERT VON KARAJAN
BERLINER
PHIHARMONISCHE
ORCHESTER

と表示している

東京公演プログラム冊子(表紙)(色彩調整済み)

上の表紙画像でははっきり文字が読み取れないために色彩調整をした画像を参考までに掲載します。
これでも分かりにくいのですが、何とか

HERBERT VON KARAJAN
BERLINER
PHIHARMONISCHE
ORCHESTER

と表示してあることが分かると思います。

東京公演プログラム冊子(1ページ)
コンサートスケジュールと上演曲目

東京でのカラヤン/ベルリン・フィル演奏会は5月16日、17日、18日、20日、21日、22日に行われた。

5月16日:ブラームスの交響曲第3番、第2番
5月17日:オネゲルの交響曲第3番「典礼風」、ドヴォルザークの交響曲第8番
5月18日:モーツアルトのディヴェルティメントニ長調K.334、チャイコフスキーの交響曲第5番
5月20日:シューマンの交響曲第4番、R.シュチラウスの交響詩「ツァラトゥストゥラはかく語りき」
5月21日:ベルリオーズの交幻想響曲、ラヴェルの死せる王女のためのパヴァーヌ、ダフニスとクロエ組曲第2番
5月22日:ベートーヴェンの交響曲第2番、第5番


東京でのカラヤン/ベルリン・フィル演奏会は5月16日、17日、20日、21日の公演のパンフレット。
会場は東京文化会館、チケット料金はS席6,000からD席2,000。

1970年5月16日公演の使用済みチケット

1970年東京公演のチケットホルダー(表)

1970年東京公演のチケットホルダー(裏)



大阪公演プログラム冊子
21.2x19.7cmのサイズで64ページからなる冊子

1970年大阪万国博覧会の開催に伴い3月15日から9月12日までEXPO'70クラシックス・シリーズが行われた。
カラヤン/ベルリン・フィル演奏会は5月8日、9日、10日、11日、13日、14日に行われた。

1970年5月8、9、10、11、13日のベートーヴェン・チクルス5公演と5月14日の公演が大阪で行われた。
5月8日:ベートーヴェン・チクルス第1夜 序曲「コリオラン」、交響曲第6番、第5番「運命」
5月9日:ベートーヴェン・チクルス第2夜 交響曲第4番、第7番
5月10日:ベートーヴェン・チクルス第3夜 交響曲第1番、第3番「英雄」
5月11日:ベートーヴェン・チクルス第4夜 交響曲第2番、第8番、序曲「レオノーレ」第3番
5月13日:ベートーヴェン・チクルス第5夜 交響曲第9番「合唱」
5月14日:モーツアルトのセレナード「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」、フォルトナーの「マルギナーリエン」、ブラームスの交響曲第2番

1970年5月8日のプログラムA。
ベートーヴェン・チクルス第1夜:序曲「コリオラン」、交響曲第6番、第5番「運命」

1970年5月9日のプログラムB。
ベートーヴェン・チクルス第2夜:交響曲第4番、第7番

1970年5月9日公演の使用済みチケット

1970年5月10日のプログラムC。
ベートーヴェン・チクルス第3夜:交響曲第1番、第3番「英雄」

1970年5月11日のプログラムD。
ベートーヴェン・チクルス第4夜:交響曲第2番、第8番、序曲「レオノーレ」第3番

1970年5月13日のプログラムE。
ベートーヴェン・チクルス第5夜:交響曲第9番「合唱」

1970年5月13日公演の使用済みチケット

1970年大阪公演のチケットホルダー(表)

1970年大阪公演のチケットホルダー(中)

1970年大阪公演のチケットホルダー(裏)

1970年5月14日のプログラムF。
モーツアルトのセレナード「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」、フォルトナーの「マルギナーリエン」、ブラームスの交響曲第2番

プログラム冊子には1970年5月14日の1曲目はモーツアルトのセレナード「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」と記載されている。
KARAJAN CENTRUMのArchivesにも同様の記録がある。

一方、Huntのphilharmonic autocrat 2,p247、及びONTOMO MOOK巻末p163にはモーツアルトのディヴェルティメント第15番が演奏されたとの記録になっている。


ONTOMO MOOKの「ヘルベルト・フォン・カラヤン演奏会記録」の記載が間違いであることを、同編者の(未刊行)最新データにより確認しました。 (2007.2.27.)



EXPO 70CLASSICSのフェスティバル・フレンド発売前予約申込の案内

1969年にアナウンスされたもので、1970年5月8、9、10、11、13、14日午後7時のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン)の前売開始(1969年11月1日)に先立ってフェスティバル・フレンドに発売前優先予約を受け付けるというもの。
優先予約の締め切りは1969年11月25日。

S氏にご提供いただきました(2006.2.6.)。

EXPO 70CLASSICSの出演者、日程、プログラム、入場料一覧

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会のプログラムのなかで、このアナウンスが出た時点では
5月13日のベートーヴェン交響曲第9番「合唱付き」の独唱、合唱は未定
5月14日は曲目未定

料金は、
5月8、9、10、11、14日
A 4,800円、B 4,000円、C 3,200円、D 2,400円、E 1,800円、学生 1,000円
5月13日のみ
A 5,800円、B 5,000円、C 4,200円、D 3,400円、E 2,800円、学生 2,000円
5月8、9、10、11、13日計5回のベートーヴェン・チクルス連続鑑賞券特別料金
Aクラス・セット 20,000円、Bクラス・セット 16,000円、Cクラス・セット 13,000円

S氏にご提供いただきました(2006.2.6.)。

EXPO 70CLASSICSのパンフレット
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会は「売切」の表示

S氏にご提供いただきました(2006.2.6.)。



1970年大阪国際フェスティバル「クラシック催物総合プログラム」


東京のS氏にご提供いただきました(2007.2.27.)。

1970年大阪国際フェスティバル「クラシック催物総合プログラム」
EXPO '70 CLASSICS

東京のS氏にご提供いただきました(2007.2.27.)。

1970年大阪国際フェスティバル「クラシック催物総合プログラム」


東京のS氏にご提供いただきました(2007.2.27.)。

1970年大阪国際フェスティバル「クラシック催物総合プログラム」
5月14日の演奏会は「曲目未定」

東京のS氏にご提供いただきました(2007.2.27.)。


1988年刊行の「大阪国際フェスティバル30周年記念写真集」


東京のS氏にご提供いただきました(2007.2.27.)。

「大阪国際フェスティバル30周年記念写真集」巻末データ(日本語)
1970年5月14日の演奏会記録は、
モーツァルト:セレナード ト長調 K.525「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」

東京のS氏にご提供いただきました(2007.2.27.)。

「大阪国際フェスティバル30周年記念写真集」巻末データ(英語)
1970年5月14日の演奏会記録は、
Mozart:Serenade in G-major,K.525"Eine kleine Nachtmusik"

東京のS氏にご提供いただきました(2007.2.27.)。

1973:カラヤン/ベルリン・フィル4度目の来日(1973年10月25日〜11月4日、全10公演)

1973年、カラヤン/ベルリン・フィルの2度目の来日公演時の演奏会のプログラム冊子
23.5x25.7cmのサイズで48ページからなる冊子
「NHKホール落成記念」と銘打ってある

プログラム冊子の見返しに公演日程が記載されている

東京公演ーNHKホール
1973年10月25日〈木〉
1973年10月26日〈金〉
1973年10月27日〈土〉
1973年10月28日〈日〉
1973年10月29日〈月〉
1973年10月31日〈水〉
1973年11月1日〈木〉

大坂公演ーフェスティバルホール
1973年11月2日〈金〉
1973年11月3日〈土〉
1973年11月4日〈日〉
10月25日、NHKホール、東京
・ベートーヴェン:交響曲第6番ヘ長調作品68「田園」
・ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調作品67「運命」
10月26日、NHKホール、東京
・J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第1番
・ブルックナー:交響曲第7番ホ長調
10月27日、NHKホール、東京
・ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調作品88
・ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」より前奏曲と「愛の死」
・ワーグナー:歌劇「タンホイザー」序曲
10月28日、NHKホール、東京
・モーツァルト:交響曲第41番ハ長調K.551「ジュピター」
・チャイコフスキー:交響曲第4番へ短調作品36
10月29日、NHKホール、東京
・ブラームス:交響曲第3番ヘ長調作品90
・ドヴュッシー:交響詩「海」
10月31日、NHKホール、東京
・シューベルト:交響曲第8番ロ短調「未完成」
・R.シュトラウス:家庭交響曲
(公演プログラムではR.シュトラウスの家庭交響曲となっているが、演奏されたのは交響詩「英雄の生涯」です。)
11月1日、NHKホール、東京
・シェーンベルク:「浄夜」
・ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調作品55「英雄」

11月2日、フェスティバルホール、大阪
・ベートーヴェン:交響曲第6番ヘ長調作品68「田園」
・ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調作品67「運命」
11月3日、フェスティバルホール、大阪
・モーツアルト:交響曲第41番ハ長調K.551「ジュピター」
・チャイコフスキー:交響曲第4番へ短調作品36
11月4日、フェスティバルホール、大阪
・ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調作品88
・ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」より前奏曲と「愛の死」
・ワーグナー:歌劇「タンホイザー」序曲


プログラム冊子の1ページ


10月25日、NHKホール、東京
11月2日、フェスティバルホール、大阪
・ベートーヴェン:交響曲第6番ヘ長調作品68「田園」
・ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調作品67「運命」

プログラム冊子には書かれていませんが、1973年来日公演の初日10月25日には日本国国歌、西ドイツ国歌が演奏されました。

10月26日、NHKホール、東京、午後7時開演
・J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第1番
・ブルックナー:交響曲第7番ホ長調

1973年10月26日東京公演のチケット半券です。

S氏にご提供いただきました(2006.2.6.)。

10月27日、NHKホール、東京
11月4日、フェスティバルホール、大阪、午後7時開演
・ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調作品88
・ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」より前奏曲と「愛の死」
・ワーグナー:歌劇「タンホイザー」序曲

1973年11月4日大阪公演のチケット半券です。

S氏にご提供いただきました(2006.2.6.)。

10月28日、NHKホール、東京
11月3日、フェスティバルホール、大阪、午後7時開演
・モーツァルト:交響曲第41番ハ長調K.551「ジュピター」
・チャイコフスキー:交響曲第4番へ短調作品36


1973年10月28日東京公演のチケット半券です。

東京のS氏に画像を提供いただきました(2006.22.)。

1973年東京公演のチケットホルダー(表)です。

東京のS氏に画像を提供いただきました(2006.22.)。

1973年東京公演のチケットホルダー(裏面)です。

東京のS氏に画像を提供いただきました(2006.22.)。

1973年東京公演のチケットホルダー(裏面、広告違い)です。

東京のS氏に画像を提供いただきました(2006.22.)。


1973年11月3日大阪公演のチケット半券です。

S氏にご提供いただきました(2006.2.6.)。


10月29日、NHKホール、東京
・ブラームス:交響曲第3番ヘ長調作品90
・ドヴュッシー:交響詩「海」

1973年10月29日東京公演のチケット半券です。

東京のS氏に画像を提供いただきました(2006.22.)。



10月31日、NHKホール、東京
・シューベルト:交響曲第8番ロ短調「未完成」
・R.シュトラウス:家庭交響曲

当初R.シュトラウスの家庭交響曲が予定され、プログラム冊子に印刷されています。
実際には「英雄の生涯」に変更されました。

上の画像に見られるようにプログラム冊子には10月31日の東京公演のプログラムとしてR.シュトラウスの家庭交響曲が印刷されています。
実際には交響詩「英雄の生涯」が演奏されました。

プログラム曲の変更を知らせる資料として、当日のラジオ放送番組表を挙げます。
この画像では分かりませんが、原本では「英雄の生涯」はもともと書かれていた文字の上に紙を貼って訂正したものです。
(NHKアーカイブスに問い合わせをして得た情報です。2004.8.5.)

11月1日、NHKホール、東京
・シェーンベルク:「浄夜」
・ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調作品55「英雄」

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団前売入場券(大阪公演)を申し込むための往復はがき
資料はS氏にご提供いただきました(2006.2.6.)。

「ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団前売ご案内」のパンフレットには次のように案内されている。
フォン・カラヤン指揮のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団大阪公演の入場券は、9月14日(金)から前売りを開始しますが予想以上の前人気のため、従来の前売方法では十数日にわたる徹夜の行列が生ずるなど発売時に混雑することが予想されます。
このためNHKでは、混雑を避けるとともにできるだけ多くの方がたに公平に入場券をお求めいただけるよう次の方法で発売することにいたします。
1.前売要領
入場券ご希望の方は、このちらしに添付の往復はがきによりお申し込みください。
抽選により整理券を発行し、整理券と引きかえに入場券を発売します。
入場券の発売総数は7,000枚で、整理券1枚につき入場券1枚を発売します。
入場料:A 6,000円、B 5,000円、C 4,000円、D 3,000円、E 2,000円、BOX 7,000円

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団前売入場券(東京公演)を申し込むための往復はがき
資料はS氏にご提供いただきました(2006.2.6.)。

「ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団前売ご案内」のパンフレットには次のように案内されている。
フォン・カラヤン指揮のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団東京公演の入場券は、9月14日(金)から前売りを開始しますが予想以上の前人気のため、従来の前売方法では十数日にわたる徹夜の行列が生ずるなど発売時に混雑することが予想されます。
このためNHKでは、混雑を避けるとともにできるだけ多くの方がたに公平に入場券をお求めいただけるよう次の方法で発売することにいたします。
1.前売要領
入場券ご希望の方は、このちらしに添付の往復はがきによりお申し込みください。
抽選により整理券を発行し、整理券と引きかえに入場券を発売します。
入場券の発売総数は21,000枚で、整理券1枚につき入場券1枚を発売します。
入場料:A 6,000円、B 5,000円、C 4,000円、D 3,000円、E 2,000円

1977:カラヤン/ベルリン・フィル5度目の来日(1977年11月6日〜11月18日、全11公演) 公演

大阪国際フェスティバル20周年記念の来日公演時に大阪で行われた演奏会のプログラム冊子(表紙)
22x20.5cmのサイズで168ページからなる冊子

OSAKA
INTERNATIONAL
FESTIVAL

プログラム冊子1ページ

大阪国際フェスティバル20周年記念として1977年11月6日〜12日に7つの演奏会が行われた。
1977年11月11日はベルリン・フィルの12人のチェリストの演奏会、11月12日はアレクシス・ワイセンベルクのピアノ・リサイタル。

カラヤン指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会は1977年11月6、7、8、9、10日の5公演が大阪で行われた。
この5回の大阪公演の最初の4日間はブラームス・チクルス、最終日はベートーヴェンとR.シュトラウスのプログラム。

ブラームス・チクルス第1夜:ハイドンの主題による変奏曲、交響曲第4番
ブラームス・チクルス第2夜:ヴァイオリンとチェロのための複協奏曲、交響曲第2番
ブラームス・チクルス第3夜:交響曲第3番、ピアノ協奏曲第2番
ブラームス・チクルス第4夜:ヴァイオリン協奏曲、交響曲第1番
11月10日:ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番、R.シュトラウスの交響詩「英雄の生涯」

指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン
ソリスト:
トマス・ブランディス(ヴァイオリン)
オトマール・ボルヴィツキー(チェロ)
アレクシス・ワイセンベルク(ピアノ)
塩川 悠子(ヴァイオリン)

1977年11月6日:プログラムA(ガラ・プレミエール)
ブラームス・チクルス第1夜:ハイドンの主題による変奏曲、交響曲第4番

1977年11月7日:プログラムB
ブラームス・チクルス第2夜:ヴァイオリンとチェロのための複協奏曲、交響曲第2番

1977年11月7日
ブラームス・チクルス第2夜:ヴァイオリンとチェロのための複協奏曲、交響曲第2番のチケット半券です。

資料をサウンド・ロッヂ伊吹様にご提供いただきました。(2010.3.16.)


1977年11月8日:プログラムC
ブラームス・チクルス第3夜:交響曲第3番、ピアノ協奏曲第2番

1977年11月8日
ブラームス・チクルス第3夜:交響曲第3番、ピアノ協奏曲第2番のチケット半券です。

資料をサウンド・ロッヂ伊吹様にご提供いただきました。(2010.3.16.)


1977年11月9日:プログラムD
ブラームス・チクルス第4夜:ヴァイオリン協奏曲、交響曲第1番

1977年11月9日
ブラームス・チクルス第4夜:ヴァイオリン協奏曲、交響曲第1番のチケット半券です。

資料をサウンド・ロッヂ伊吹様にご提供いただきました。(2010.3.16.)


1977年11月10日:プログラムE
ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番、R.シュトラウスの交響詩「英雄の生涯」


ブラームス・チクルス(「第20回記念 大阪国際フェスティバル」)のパンフレット

ブラームス・チクルスは1977年11月6、7、8、9日の4公演、ベートーヴェン、R.シュトラウスの演奏会が11月10日に1回、「第20回記念 大阪国際フェスティバル」でおこなわれました。

「第20回記念 大阪国際フェスティバル」では、カラヤン指揮/ベルリン・フィル以外に、
・ベルリン・フィルハーモニー チェロ12重奏団演奏会(11月11日)
・アレクシス・ワイセンベルク ピアノ・リサイタル(11月12日)
がそれぞれ1回行われました。

「第20回記念 大阪国際フェスティバル(11月6日〜12日)」のパンフレットです。

資料をサウンド・ロッヂ伊吹様にご提供いただきました。(2009.12.31.)



資料をサウンド・ロッヂ伊吹様にご提供いただきました。(2009.12.31.)



資料をサウンド・ロッヂ伊吹様にご提供いただきました。(2009.12.31.)



資料をサウンド・ロッヂ伊吹様にご提供いただきました。(2009.12.31.)



大阪国際フェスティバル20周年記念の来日公演時に東京で行われたベートーヴェン・チクルスのプログラム冊子
22x20.5cmのサイズで96ページからなる冊子(表紙)

プログラム冊子1ページ

ベートーヴェン・チクルスは1977年11月13、14、15、16、17、18日の6公演が東京で行われた。
ベートーヴェン・チクルス第1夜:交響曲第1番、第3番「英雄」
ベートーヴェン・チクルス第2夜:ピアノ協奏曲第3番、交響曲第2番
ベートーヴェン・チクルス第3夜:交響曲第4番、第7番
ベートーヴェン・チクルス第4夜:交響曲第6番「田園」、第5番「運命」
ベートーヴェン・チクルス第5夜:交響曲第8番、ピアノ協奏曲第5番
ベートーヴェン・チクルス第6夜:交響曲第9番「合唱」

1977年11月13日:プログラムa
ベートーヴェン・チクルス第1夜:交響曲第1番、第3番「英雄」



1977年11月13日:プログラムaのチケット半券
(2011.7.21.入手)



1977年11月14日:プログラムb
ベートーヴェン・チクルス第2夜:ピアノ協奏曲第3番、交響曲第2番

1977年11月15日:プログラムc
ベートーヴェン・チクルス第3夜:交響曲第4番、第7番

1977年11月16日:プログラムd
ベートーヴェン・チクルス第4夜:交響曲第6番「田園」、第5番「運命」



1977年11月16日:プログラムdのチケット半券
(2011.7.21.入手)



1977年11月17日:プログラムe
ベートーヴェン・チクルス第5夜:交響曲第8番、ピアノ協奏曲第5番

1977年11月18日:プログラムf
ベートーヴェン・チクルス第6夜:交響曲第9番「合唱」



1977年11月18日:プログラムfのチケット半券
(2011.7.21.入手)



ベートーヴェン・チクルスのパンフレット1




資料をサウンド・ロッヂ伊吹様にご提供いただきました。(2009.12.31.)



 ベートーヴェン・チクルスは1977年11月13、14、15、16、17、18日の6公演が東京で行われた。
 この時のベートーヴェン・チクルスのパンフレットです。

 11月18日(金)の交響曲第9番の独唱は「未定」とあります。

 資料をサウンド・ロッヂ伊吹様にご提供いただきました。(2009.12.31.)



ベートーヴェン・チクルスのパンフレット2

 ベートーヴェン・チクルスは1977年11月13、14、15、16、17、18日の6公演が東京で行われた。
この時のベートーヴェン・チクルスのちらしです。

 11月18日(金)の交響曲第9番の独唱はテノールがペーター・ホフマンとアナウンスされています。
 ソプラノはバーバラ・ヘンドリックス、アルトはヘリヤ・アンゲルヴォ、
 バリトンはハンス・ゾーティンとアナウンスされています。
 (実際の演奏会ではテノール:ヘルマン・ヴィンクラーでした。)

この資料は「BPOの部屋」の管理人様にご提供いただきました。
(2004.9.30.)


1979 :カラヤン/ベルリン・フィル6度目の来日(1979年10月16日〜10月26日、全9公演)

来日公演プログラム冊子表紙

HERBERT VON KARAJAN
BERLINER PHILHARMONISCHES ORCHESTER
SINGVEREIN DER GESELLSCHAFT DER MUSIKFREUNDE IN WIEN

来日公演プログラム冊子1ページ

1979 OCTOBER AT FUMONKAN HALL,TOKYO,JAPAN

公演日程(1979年10月)

10月16日、7時、普門館:モーツアルト交響曲第39番、R.シュトラウス「ツァラトゥストゥラはかく語りき」
10月17日、7時、普門館:マーラー交響曲第6番「悲劇的」
10月18日、7時、普門館:シューベルト「未完成」、チャイコフスキー交響曲第5番
10月19日、7時、普門館:ドヴォルザーク交響曲第8番、ムソルグスキー組曲「展覧会の絵」
10月21日、7時、普門館:ベートーヴェン交響曲第9番
10月22日、7時、普門館:ハイドン、オラトリオ「天地創造」
10月24日、7時、普門館:ヴェルディ、レクイエム
10月25日、7時、普門館:モーツアルト、レクイエム、ブルックナー「テ・デウム」
10月26日、7時、普門館:ヴェルディ、レクイエム

1979年10月16日、7時、普門館
プログラム
モーツアルト:交響曲第39番変ホ長調K.543
R.シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストゥラはかく語りき」作品30

1979年10月17日、7時、普門館
プログラム
マーラー:交響曲第6番イ短調「悲劇的」

1979年10月18日、7時、普門館
プログラム
シューベルト:交響曲第8番(現第7番)ロ短調「未完成」
チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調作品64

1979年10月18日公演の使用済みチケット(1階席)

画像資料をサウンド・ロッヂ伊吹様にご提供いただきました。(2010.2.16.)。

1979年10月18日公演の使用済みチケット(2階席)

画像資料をサウンド・ロッヂ伊吹様にご提供いただきました。(2010.2.16.)。


1979年10月19日、7時、普門館
プログラム
ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調作品88
ムソルグスキー(ラヴェル編):組曲「展覧会の絵」

1979年10月19日公演の使用済みチケット(1階席)

画像資料をサウンド・ロッヂ伊吹様にご提供いただきました。(2010.2.16.)。


1979年10月21日、7時、普門館
プログラム
ベートーヴェン;交響曲第9番ニ短調作品125「合唱付」

1979年10月22日、7時、普門館
プログラム
ハイドン:オラトリオ「天地創造」(1798)

1979年10月22日ハイドンのオラトリオ「天地創造」のチケット表

(2007.1.1.入手)

1979年10月22日ハイドンのオラトリオ「天地創造」のチケット裏

(2007.1.1.入手)

1979年10月22日ハイドンのオラトリオ「天地創造」の別のチケット表

(2007.1.1.入手)

1979年10月22日チケットホルダー表

(2007.1.1.入手)

1979年10月22日チケットホルダー裏

(2007.1.1.入手)



1979年10月24日/10月26日、7時、普門館
プログラム
ヴェルディ:レクイエム(鎮魂ミサ曲)

1979年10月24日ヴェルディのレクイエムのチケット

(2007.1.19.入手)

1979年10月25日、7時、普門館
プログラム
モーツアルト:レクイエム(死者のためのミサ)ニ短調K.626
ブルックナー:「テ・デウム」

1979年カラヤ/BPO来日公演のパンフレット


この資料は東京のS氏にご提供いただきました(2006.3.23.)。

1979年カラヤ/BPO来日公演のパンフレットの裏面
日程表が出ています。

このパンフレットには、
「*日本公演が急遽決定致しましたため、ヴェルディ「レクイエム」のテノールのソリストは現在スケジュールを調整中ですが、その人選はカラヤン氏に一任しており、決定次第発表いたします。」
と記載されている。


この資料は東京のS氏にご提供いただきました(2006.3.23.)。

パンフレットに記載されているオーケストラ演奏会セット券のホルダー表です。
(10.16.,17.,18.,19.の4公演)
右にある三角形の紙片は折りたたまれる部分です。

この画像は東京のS氏にご提供いただきました(2007.1.21.)。

パンフレットに記載されているオーケストラ演奏会セット券のホルダー表です。
上の画像に見られる三角形の紙片を折りたたんだ状態です。

この画像は東京のS氏にご提供いただきました(2007.1.21.)。

オーケストラ演奏会セット券のホルダー裏です。
(三角形の紙片を折りたたんだ状態のため一部文字が隠れています。)

この画像は東京のS氏にご提供いただきました(2007.1.21.)。

オーケストラ演奏会セット券のホルダー裏です。
折りたたみを広げた状態です。

この画像は東京のS氏にご提供いただきました(2007.1.21.)。


パンフレットに記載されているオーケストラ合唱付き演奏会セット券のホルダー表です。
(10.21.,22.,25.,26.の4公演)
右にある三角形の紙片は折りたたまれる部分です。

この画像は東京のS氏にご提供いただきました(2007.1.21.)。

パンフレットに記載されているオーケストラ合唱付き演奏会セット券のホルダー表です。
上の画像に見られる三角形の紙片を折りたたんだ状態です。

この画像は東京のS氏にご提供いただきました(2007.1.21.)。

オーケストラ合唱付き演奏会セット券のホルダー裏です。
(三角形の紙片を折りたたんだ状態のため一部文字が隠れています。)

この画像は東京のS氏にご提供いただきました(2007.1.21.)。

オーケストラ合唱付き演奏会セット券のホルダー裏です。
折りたたみを広げた状態です。

この画像は東京のS氏にご提供いただきました(2007.1.21.)。


1979年カラヤ/BPO来日公演のパンフレット2(上のパンフレットとは別のものですので、便宜的にパンフレット2とします。)

上のパンフレットではヴェルディのレクイエムのテノールのソリストは「スケジュールを調整中」とあり、具体的な名前は掲載されていませんでした。

パンフレット2ではヴェルディのレクイエムのテノールがルイス・リマ(Luis Lima)と発表されています。


この資料は東京のS氏にご提供いただきました(2006.5.18.)。

1979年カラヤ/BPO来日公演のパンフレット2の裏面

10月18日(木)、10月21日(日)の演奏会のところには(売切)の表示があります。


この資料は東京のS氏にご提供いただきました(2006.5.18.)。

1981:カラヤン/ベルリン・フィル7度目の来日(1981年10月28日〜11月8日、全10公演)

来日公演プログラム冊子表紙

HERBERT VON KARAJAN
BERLINER PHILHARMONISCHES ORCHESTER
1981 Japan

来日公演プログラム冊子1ページ

ベルリン・フィル創立100年記念公演
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
アンネ-ゾフィー・ムター/ヴァイオリン独奏

来日公演プログラム冊子6ページ

カラヤン・ベルリンフィル1981年日本公演

10月28日東京文化会館、19:00
ベートーヴェン:交響曲第1番ハ長調作品21、交響曲第3番変ホ長調作品55「英雄」
10月29日東京文化会館、19:00
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲二長調作品61(ヴァイオリン独奏:アンネ-ゾフィー・ムター)、交響曲第5番ハ短調作品67「運命」
10月30日東京文化会館、19:00
ブラームス:交響曲第3番へ長調作品90、交響曲第1番ハ短調作品68
10月31日東京文化会館、19:00
ブラームス:交響曲第4番ホ短調作品98、交響曲第2番ニ長調作品73
11月2日NHKホール、19:00
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲、交響詩「海」、ラヴェル:スペイン狂詩曲、ボレロ

11月4日東京文化会館、19:00
ベートーヴェン:交響曲第1番ハ長調作品21、交響曲第3番変ホ長調作品55「英雄」
11月5日東京文化会館、19:00
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲二長調作品61(ヴァイオリン独奏:アンネ-ゾフィー・ムター)、交響曲第5番ハ短調作品67「運命」
11月6日東京文化会館、19:00
ブラームス:交響曲第3番へ長調作品90、交響曲第1番ハ短調作品68
11月7日東京文化会館、19:00
ブラームス:交響曲第4番ホ短調作品98、交響曲第2番ニ長調作品73
11月8日NHKホール、19:00
ベートーヴェン:交響曲第6番ヘ長調作品68「田園」、チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調作品74「悲愴」

10月30日東京文化会館、19:00
ブラームス:交響曲第3番へ長調作品90、交響曲第1番ハ短調作品68
の演奏会のチケット半券です。

この画像は俊太郎さんにご提供いただきました(2007.1.6.)。

10月30日東京文化会館の演奏会のチケット半券の裏です。

この画像は俊太郎さんにご提供いただきました(2007.1.6.)。


1981年11月7日公演の使用済みチケット。
11月7日東京文化会館、19:00
ブラームス:交響曲第4番ホ短調作品98、交響曲第2番ニ長調作品73

画像資料をサウンド・ロッヂ伊吹様にご提供いただきました。(2010.2.16.)。


ベルリン・フィル創立100周年記念公演のパンフレット(便宜的にパンフレットAとします。)

この資料は東京のS氏にご提供いただきました(2006.3.23.)。

ベルリン・フィル創立100周年記念公演のパンフレットAの裏面
東京の4公演(10月28日、29日、30日、31日)の演奏会日程が記されている。

この資料は東京のS氏にご提供いただきました(2006.3.23.)。



ベルリン・フィル創立100周年記念公演のパンフレット(便宜的にパンフレットBとします。)
(上のパンフレットAとは別のパンフレットB)

この資料は東京のS氏にご提供いただきました(2006.3.23.)。

ベルリン・フィル創立100周年記念公演のパンフレットBの裏面
東京の10公演(10月28日、29日、30日、31日、11月4日、5日、6日、7日ー以上の8公演は東京文化会館、11月2日、8日ーこの2公演はNHKホール)、の演奏会日程が記されている

この資料は東京のS氏にご提供いただきました(2006.3.23.)。



ベルリン・フィル創立100周年記念公演のパンフレット(便宜的にパンフレットCとします。)
(上の2種類のパンフレットA、Bとは違うパンフレットC)


この資料は東京のS氏にご提供いただきました(2006.4.2.)。

上のベルリン・フィル創立100周年記念公演のパンフレットCの裏
「売り切れ」の文字が見られます。


この資料は東京のS氏にご提供いただきました(2006.4.2.)。


1981年カラヤンBPO来日公演のチケットを入れる紙ケース


この資料は東京のS氏にご提供いただきました(2006.4.2.)。

1981年カラヤンBPO来日公演のチケットを入れる紙ケースの裏
「新しい時を告げるカラヤンの新録音」としてDGの「パルシファル」「魔笛」のLPが出ている。


この資料は東京のS氏にご提供いただきました(2006.4.2.)。

1984:カラヤン/ベルリン・フィル8度目の来日(1984年10月18日〜10月24日、全6公演)

これは1984年来日公演プログラム冊子の表紙です。

プログラム冊子1ページです

プログラム冊子8ページに記載されている1984日本公演日程です

大坂公演:サントリー・クラシック・スペシャル
1984年10月18日(木)7時ーザ・シンフォニーホール、プログラムA
1984年10月19日(金)7時ーザ・シンフォニーホール、プログラムD

東京公演
1984年10月21日(日)2時ー東京文化会館、プログラムA

プログラム冊子9ページに記載されている1984日本公演日程です

東京公演
1984年10月22日(月)7時ー普門館、プログラムB
1984年10月23日(火)7時ー普門館、プログラムC
1984年10月24日(水)7時ー普門館、プログラムD

プログラム冊子16ページに記載されているプログラムAです

モーツアルト:ディヴェルティメント変ロ長調K.287
R.シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」作品20
レスピーギ:交響詩「ローマの松」

プログラム冊子17ページに記載されているプログラムBです

ベートーヴェン:交響曲第6番ヘ長調作品68「田園」
ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調作品67「運命」

プログラム冊子18ページに記載されているプログラムCです

ブラームス:交響曲第3番へ長調作品90
ブラームス:交響曲第1番ハ短調作品68

プログラム冊子19ページに記載されているプログラムDです

ドビュッシー:交響詩「海」
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
ラヴェル:「ダフニスとクロエ」第2組曲


画像でははっきりしませんが、原本ではラヴェル:「ダフニスとクロエ」第2組曲の曲目が記載されている部分にはシールが貼ってあり、シールの下に印刷されている文字が不明瞭ですが見てとれます。
これは当初予定されプログラム冊子に印刷された
ラヴェル:「亡き王女のためのパヴァーヌ」「ボレロ」
が変更になったため、このように訂正したものです。

10月19日及び24日のプログラムDの曲目変更をアナウンスする挟み込みちらしです。


ドビュッシー:交響詩「海」

ー 休憩 ー

ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
ラヴェル:「ダフニスとクロエ」第2組曲


(この資料は東京のS氏にご提供いただきました。2007.9.30.)
(画像資料はマハロさんにもご提供いただきました。2007.10.20.)

挟み込みちらしの裏面です。

ラヴェル:「ダフニスとクロエ」第2組曲の楽曲解説(小石氏)です。


(この資料は東京のS氏にご提供いただきました。2007.9.30.)
(画像資料はマハロさんにもご提供いただきました。2007.10.20.)

1984年10月18日、19日の大坂公演のパンフレットです

この画像は当資料室顧問のAnton氏にご提供いただきました(2008.2.27.)。

1984年10月21日、22日、23日、24日の東京公演のパンフレットです

10月24日のプログラムは、
ドビュッシー:交響詩「海」
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
ラヴェル:「亡き王女のためのパヴァーヌ」
ラヴェル:「ボレロ」
とアナウンスされています。

実際にはラヴェルの2曲「亡き王女のためのパヴァーヌ」「ボレロ」は同じラヴェルの「ダフニスとクロエ」第2組曲に変更された。


この資料は東京のS氏にご提供いただきました(2006.3.23.)。

1984年10月21日、22日、23日、24日の東京公演のパンフレットの裏面です

この資料は東京のS氏にご提供いただきました(2006.3.23.)。

1984年10月18日大阪公演のチケットです。

この資料は兵庫県のS氏のご好意で提供いただきました(2006.9.13.)。

1984年10月18日大阪公演のチケットです。

この画像は東京のS氏のご好意で提供いただきました(2007.2.3.)。

1984年10月19日大阪公演のチケットです。

この資料は兵庫県のS氏のご好意で提供いただきました(2006.9.13.)。



1984年10月24日東京公演のチケットです。

この画像資料は俊太郎さんのご好意で提供いただきました(2006.12.16.)。

1984年10月24日東京公演のチケット裏面です。

この画像資料は俊太郎さんのご好意で提供いただきました(2006.12.16.)。

1986:カラヤンは病気のため来日できず代わりに小澤氏がベルリン・フィルと来日

サントリーホール オープニング・シリーズ 総合プログラム冊子の表紙

15cm x 21cm、620ページからなる。

オープニング・シリーズは1986年10月12日〜1987年3月28日まで行われた。


総合プログラム冊子の12〜14ページに掲載されている「オープニング・シリーズ全プログラム」

ここに挙げたのは12ページ
海外オーケストラシリーズ
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会ー34


総合プログラム冊子の34ページに掲載されているベルリン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会のアナウンス


総合プログラム冊子の35ページに掲載されているベルリン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会のプログラム

日時:1986年10月28日(火)、29日(水)、30日(木) 19時開演
指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン
管弦楽:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

曲目:
〈10月28日〉
・R.シュトラウス《メタモルフォーゼン》ー23の独奏弦楽器のための習作ー
・R.シュトラウス 交響詩《英雄の生涯》Op.40

〈10月29日〉
・シューベルト《交響曲第8番》ロ短調D.759「未完成」
・ベートーヴェン《交響曲第3番》変ホ長調Op.55「英雄」

〈10月30日〉
・モーツァルト《ディヴェルティメント第17番》ニ長調K.334
・ブルックナー《交響曲第9番》ニ短調WAB109


総合プログラム冊子に入っていた「出演者・曲目等、変更のご案内」のプリント

ベルリン・フィル演奏会(10/28,10/29,10/30)の指揮が、
ヘルベルト・フォン・カラヤンから小澤征爾に変更

ベルリン・フィル演奏会(10/28,10/29)の曲目が、
R.シュトラウス《メタモルフォーゼン》《英雄の生涯》からベートーヴェン《交響曲第4番》、ブラームス《交響曲第1番》に変更

ベルリン・フィル演奏会(10/30)の曲目が、
モーツァルト《ディヴェルティメント第17番》、ブルックナー《交響曲第9番》からシューベルト「未完成」、R.シュトラウス《英雄の生涯》に変更
との変更内容が記載されている。


1986年10月28日にサントリーホール総支配人名でだされた来場者への案内
カラヤンが病気のため、カラヤンの指名により小澤征爾が指揮をすること、曲目が変更されることを伝えている。

ここには「日本の音樂愛好家の皆様へ」と題するカラヤンのメッセージ(1986年10月6日付け)が日本語で掲載されている。


この資料は東京のS氏にご提供いただきました(2006.4.2.)。


サントリーホール オープニング・シリーズの〈海外オーケストラシリーズ〉としてカラヤン指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会が行われることをアナウンスしたパンフレット。


この資料は東京のS氏にご提供いただきました(2006.4.2.)。


上記パンフレットの裏面


この資料は東京のS氏にご提供いただきました(2006.4.2.)。


カラヤンの代役として指揮をした小澤征爾指揮/BPO演奏会のプログラム冊子
1986年10月29日




カラヤンの代役として指揮をした小澤征爾指揮/BPO演奏会のプログラム曲目
1986年10月29日




カラヤンの代役として指揮をした小澤征爾指揮/BPO演奏会のプログラム冊子
1986年10月30日




カラヤンの代役として指揮をした小澤征爾指揮/BPO演奏会のプログラム曲目
1986年10月30日




1988:カラヤン/ベルリン・フィル9度目の来日

1988年来日公演プログラム冊子の表紙
SUNTORY・special・CONCERT
Herbert von Karajan
Berliner Philharmonisches Orchester
1988・JAPAN

プログラム冊子2ページ
SUNTORY・special・CONCERT
Herbert von Karajan
Berliner Philharmonisches
Orchester

1988・JAPAN 日本公演

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

プログラム冊子3ページ

1988年来日公演日程

4月29日(金)6時 大阪:ザ・シンフォニーホール プログラム=A
4月30日(土)7時 大阪:ザ・シンフォニーホール プログラム=B
5月2日(月)7時 東京:サントリーホール プログラム=A
5月4日(月)7時 東京文化会館 プログラム=B
5月5日(月)7時 東京:サントリーホール プログラム=C


プログラム冊子1ページに掲載されている画像
普門館におけるカラヤン/ベルリン・フィル
(1984年かそれ以前の来日時に撮影されたと思われます。)

1988年来日時の大阪公演(4月29日、30日)のパンフレット

入場料は、
S席 27,000円
A席 25,000円
B席 22,000円
C席 18,000円

この画像は当資料室顧問のAnton氏にご提供いただきました(2008.2.27.)。

1988年来日時の東京公演(5月2日、4日、5日)のパンフレット

パンフレットでは1988年5月5日のプログラムは
プロコフィエフの交響曲第1番「古典交響曲」
ベルリオーズの幻想交響曲
とアナウンスされています。

プログラム冊子では、
モーツアルト:協奏交響曲変ホ長調K.297b
ベルリオーズ:幻想交響曲作品14
と変更になりました。

実際に演奏されたのはさらに変更され、
モーツアルト:交響曲第39番変ホ長調K.543
ブラームス:交響曲第1番ハ短調作品68
となりました。

入場料は、
S席 26,000円
A席 23,000円
B席 19,000円
C席 13,000円
D席  5,000円

この資料は東京のS氏にご提供いただきました(2006.3.23.)。

1988年4月29日(金)6時、大坂:ザ・シンフォニーホール
1988年5月2日(月)7時、東京:サントリーホール
プログラム=A

1988年4月30日(土)7時、大坂:ザ・シンフォニーホール
1988年5月4日(水)7時、東京文化会館
プログラム=B

1988年5月5日(木)7時、東京:サントリーホール
プログラム=C
(これは当初予定されたプログラム)

1988.5.5.サントリー・ホール、東京
モーツアルト:協奏交響曲変ホ長調K.297b
ベルリオーズ:幻想交響曲作品14

実際には曲目が次のように変更されました

1988.5.5.サントリー・ホール、東京
モーツアルト:交響曲第39番変ホ長調K.543
ブラームス:交響曲第1番ハ短調作品68

この変更の案内は、当日のプログラム冊子に挿入されていたとのことです。
この情報と曲目変更の告知の画像はmaestroさんのご好意でご提供いただきました。(2004.7.24.)

プログラム変更の通知を当日演奏会会場で受け取ったこと、および変更案内の画像をHi氏にもご提供いただきました。(2004.8.16.)


1988.5.5.の演奏会のチケット半券のコピー

1988.5.5.の演奏会を体験なさったHi氏に画像をご提供いただきました。(2004.8.16.)


1988年カラヤン/ベルリン・フィルの来日公演についての朝日新聞の記事(1988年5月13日)です。

この画像をHi氏にご提供いただきました。(2004.8.16.)


1988年カラヤン/ベルリン・フィルの来日公演のチケット・ホルダー

この資料を東京のS氏にご提供いただきました。(2006.5.18.)


1988年4月29日カラヤン/ベルリン・フィルの大阪公演のチケット

この資料を当「資料室」顧問のAnton氏にご提供いただきました。(2008.2.27.)


1988年4月30日カラヤン/ベルリン・フィルの大阪公演のチケット

この資料を当「資料室」顧問のAnton氏にご提供いただきました。(2006.12.16.)